14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
バロンが弱ってきました
2016年11月08日 (火) | 編集 |
癌のためか食事ができなくなったバロンは日に日に弱ってきています。
数日下痢も嘔吐もなかったのですがまた吐くようになったので昨日動物病院へ行きました。

車の中でもぐったり。


やはり癌による衰弱としか考えられず、病院へ連れて行くのもきつそうなので苦痛を取る治療だけを自宅ですることにしました。
ステロイドを使ってもらったおかげか、今日は昨日より少し元気が出ていました。まだトイレと水を飲むのは自力で歩けます。今日は家に帰ったら玄関まで迎えに来てくれていました。

痛そうな素振りはないのですが、とにかくだるそうなのがかわいそうです。ステロイドと吐き気止めを使いながら見守るしかないのですが、せめて大好きな抱っこをたくさんしてあげようと思います。
仕事で家を空けるときは「待っててね」と声をかけますが、それも人間の我儘かと思ったりもしています。残念ですが、「その日」は近づいてしまっています。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
福太郎、ラッキー、バロン、それぞれの経過
2016年10月31日 (月) | 編集 |
最近相次いで調子が悪くなった3頭。

めまいで動けなくなったラッキーは未だに首が傾いたままですが、慣れてきたのかかなり自由に歩けるようになりました。
ケージからも出られて美味しいご飯をもらってかなり上機嫌です。
mini_161031_18390001.jpg
あずきとも仲良しになりました!

ただ・・・、呼びかけても気がついてくれません。どうも耳が聞こえなくなってしまったようです。
原因は不明のままですが、経過を見るしかないようです。

突然顔やお腹の皮膚がむけてしまった福太郎はステロイドが効いたようで新しい皮膚の病変が出なくなり、やっとほとんど新しい皮膚ができてきました。
かなり良くなった本日の写真です。
mini_161031_1839.jpg

mini_161031_2056.jpg
浸出液で固まってフェルト状になっていた毛を今日カットしました。
おなかが斑になっているのは水疱ができて治った部分だと思われます。

載せるかどうか迷いましたが、同じ病気の猫の飼い主さんの参考になるかと思い、発病して間もないころの写真も載せておきます。
KIMG0766.jpg
KIMG0753.jpg
落葉状天疱瘡という病気だと思われます。本当に1~2日で全身の皮膚がむけてきました。一番悪い時期はご飯もあまり食べず、本当にこのまま死んでしまうかと思いました。
幸いステロイドがよく効いたようです。ネットで見た症例報告では免疫抑制薬まで使わないとコントロールできなかったりしていたので心配していました。
今は機嫌も良くなり、食欲もあります。

食欲がなくなっていたバロンは、更に食べなくなり、激しい下痢と嘔吐をするようになりました。
血液検査では半年前に悪かった腎機能も改善しており、はっきりした原因は不明です。一時的な胃腸炎にしてはだんだん悪化しており期間も長すぎます。エコーでは明らかな大きな転移はなかったのですが、癌が何らかの悪さをしている可能性があります。
mini_161031_1931.jpg
色々薬を試していただいて、昨日と今日は嘔吐・下痢はなくなっていますが、日に日に元気がなくなってだるそうにしています。
ただの胃腸炎であって欲しいですし、ここから奇跡のV字回復を祈りたいと思いますが、思わしくない場合はせめて苦しくないように日々過ごさせてあげたいです。

おまけ

心不全と胆嚢炎・肝炎のもなかは元通りと行って良いくらいに元気になりました。獣医さんもびっくりするくらいです。
mini_161031_1850.jpg
玄関に人が来たら真っ先に飛び出していきますし、食欲もあります。以前よりも咳が減ったのは追加したピモベンダンの効果でしょうか?

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←みんなの回復を祈ってポチお願いします
次々に病気が!
2016年10月16日 (日) | 編集 |
水曜の夜に突然福太郎の顔の皮膚がむけていました…。
朝ちょっと見かけたときには異常がなくて、夜まで姿を見ないと思ったら途方に暮れた様子でリビングに現れ、あまりの変わりように大騒ぎになりました。突然のことですし顔の変化しか気が付かず、どこかで火傷をしたかと思ったのですが、やけどの原因に心当たりがなくて首をひねっていました。
水や食事は摂れたので、ワセリンで保護して様子を見ていましたが、次第に元気がなくなり、左足の付け根や肛門の周りなど関係のないところの皮膚もむけているのに気がついて病院へ連れていきました。
幸い採血では内臓系の異常はなかったのですが、はっきりとした診断は難しいとのことですが、天疱瘡や皮膚脆弱症候群の可能性があるとのこと。どちらも治りにくい難病ですが、症状からは天疱瘡が疑わしいように思います。猫の天疱瘡はかなり稀だそうです。
これから獣医さんと相談しながら手探りで治療していかないといけませんが、週の初めまでは調子よくしていたのでショックです。

1日遅れでラッキーが平衡感覚がおかしくなって頭がグラングランで歩けなくなりました…。花ちゃんのときも同じような症状で脳腫瘍だったので心配です。めまいがしていそうなのに機嫌は良くてご飯もしっかり食べているのは明るい材料です。
たちの悪いものではないことを祈ります。

猫の城の動物たちも高齢化が進んでいるのでいろんな病気が起きてきます。福太郎は17歳、ラッキーは9歳になる頃です。内臓は健康だったので頑張って長生きしてほしいですね。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←福太郎とラッキーが良くなるようにお祈りのポチをお願いします
更に涼しくなりました
2016年10月10日 (月) | 編集 |
昨日冬用の敷物を買って来たところ、今朝は今季一番冷え込みました。
ツルッと刈り込んであったミカンが寒がったので洋服を着せました。


トリミング練習中の嫁さんがカットしたので顔だけ長めになっています。

洋服だけではまだ寒そうだったので腹巻きまでつけてありました。
1476059636803.jpg
おばあちゃんに着せこまれた子供みたいですね。

急に冷え込みましたので皆様風邪にご注意を!
すでにインフルエンザもちらほら出ています。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←腹巻きで太ましく見えるミカンに「かわいい!」のポチを!
もなか回復してきました!
2016年09月26日 (月) | 編集 |
胆嚢炎でぐったりしていたもなかでしたが、幸いにも調子が良くなってきました!
今日まで点滴を受けましたが、ご飯も食べるようになりました。

おなかが痛くなくなったのか、表情も明るくなりました。

胆嚢炎は良くなってきていますが、心臓の病気の方が進んでいることがわかり、薬が追加になりました。
実際、半年前に比べると少し動くと息切れしますし、夜によく咳をするようになりました。心肥大の徴候です。
しっかり薬を飲んでもらって進行を遅らせるしかありません。

今日のおまけ。
嫁さんが牛乳をこぼしたところ、たくさんのお掃除隊が!
「あたしたちがきれいにします!」
mini_160925_1215.jpg
さすがにこの後きれいに拭き取りました。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←もなかが元気に過ごせるように応援のポチを!

もなかが胆嚢炎になってしまいました
2016年09月22日 (木) | 編集 |
心臓に持病があるもなかは、最近は以前よりも少し暴れたら息が上がって、咳をすることも多くなってはいましたが、大きな問題なく暮らしていました。

火曜日の夕食までは元気だったのですが、深夜から繰り返してぐったり元気がなくなってしまいました。

獣医さんでは肝臓の検査に大きな異常があって、エコーで胆嚢炎があるようだとのことです。
胆嚢内に砂状のものも溜まっていて、心配な状況のようです。

今日は夕方まで点滴して戻ってきました。明日も朝から検査と点滴の予定です。

場合によっては手術が必要な状態ですが、心臓が悪いので麻酔に耐えられないかもとのことです。
なんとか薬で回復してくれるよう祈ります。
mini_160922_23120002.jpg
かんばれ!もなか!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←もなかに応援のポチを!!
あずきと黒猫たち
2016年08月24日 (水) | 編集 |
あずきは月齢にしてはなかなか大きくなりません。ご飯の好き嫌いが激しいのが一因のようで、教えていないのに人のご飯のお肉などを欲しがるので特別にボイル肉などを上げるようにしたらちょっと重くなってきました。

銀之丞の他、チーユと仲が良いです。黒猫勢揃いの一枚。


チーユはあまり子猫を構う方ではないのですが、あずきはよく構っています。「ペおぽんの法則:同じ毛色の猫は仲が良い」はまたまた正しそうです。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←おおきくなったあずきに応援のポチを!