14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
福太郎、ラッキー、バロン、それぞれの経過
2016年10月31日 (月) | 編集 |
最近相次いで調子が悪くなった3頭。

めまいで動けなくなったラッキーは未だに首が傾いたままですが、慣れてきたのかかなり自由に歩けるようになりました。
ケージからも出られて美味しいご飯をもらってかなり上機嫌です。
mini_161031_18390001.jpg
あずきとも仲良しになりました!

ただ・・・、呼びかけても気がついてくれません。どうも耳が聞こえなくなってしまったようです。
原因は不明のままですが、経過を見るしかないようです。

突然顔やお腹の皮膚がむけてしまった福太郎はステロイドが効いたようで新しい皮膚の病変が出なくなり、やっとほとんど新しい皮膚ができてきました。
かなり良くなった本日の写真です。
mini_161031_1839.jpg

mini_161031_2056.jpg
浸出液で固まってフェルト状になっていた毛を今日カットしました。
おなかが斑になっているのは水疱ができて治った部分だと思われます。

載せるかどうか迷いましたが、同じ病気の猫の飼い主さんの参考になるかと思い、発病して間もないころの写真も載せておきます。
KIMG0766.jpg
KIMG0753.jpg
落葉状天疱瘡という病気だと思われます。本当に1~2日で全身の皮膚がむけてきました。一番悪い時期はご飯もあまり食べず、本当にこのまま死んでしまうかと思いました。
幸いステロイドがよく効いたようです。ネットで見た症例報告では免疫抑制薬まで使わないとコントロールできなかったりしていたので心配していました。
今は機嫌も良くなり、食欲もあります。

食欲がなくなっていたバロンは、更に食べなくなり、激しい下痢と嘔吐をするようになりました。
血液検査では半年前に悪かった腎機能も改善しており、はっきりした原因は不明です。一時的な胃腸炎にしてはだんだん悪化しており期間も長すぎます。エコーでは明らかな大きな転移はなかったのですが、癌が何らかの悪さをしている可能性があります。
mini_161031_1931.jpg
色々薬を試していただいて、昨日と今日は嘔吐・下痢はなくなっていますが、日に日に元気がなくなってだるそうにしています。
ただの胃腸炎であって欲しいですし、ここから奇跡のV字回復を祈りたいと思いますが、思わしくない場合はせめて苦しくないように日々過ごさせてあげたいです。

おまけ

心不全と胆嚢炎・肝炎のもなかは元通りと行って良いくらいに元気になりました。獣医さんもびっくりするくらいです。
mini_161031_1850.jpg
玄関に人が来たら真っ先に飛び出していきますし、食欲もあります。以前よりも咳が減ったのは追加したピモベンダンの効果でしょうか?

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←みんなの回復を祈ってポチお願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック