14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
生命保険見直し・施工中はつなわたりの事実!
2008年11月06日 (木) | 編集 |
住宅取得をきっかけに生命保険を見直す。よく聞く話しです。

住宅ローンにはほとんど団体信用生命をつけるので、ローンを組んだらそれまでの生命保険は減額を考えていいという事はよく言われています。

ぺおぽんにもそういう風に考えていた時期がありました・・・。

いや、ローンが実行された後に生命保険を減額するのは正しいと思います。必要な補償額のうち、住居費がほぼゼロになりますから。

疑問に思ったのは、ローンを申請してから実行されるまでです。団体信用生命が発行するのはローンの実行後、つまり住宅が完成して引渡しのときです。ということは、工事中に施主が死亡した場合はローンは成立せず、団体信用生命も適応されません。

従来から入っている生命保険で支払えればよいですが、支払えなければ大問題です。注文住宅はマンションのように転売するのは困難ですし、契約解除というわけにもいきません。

私が入っていた保険は死亡時一括でもらえるお金と毎月月給のようにもらえるお金の2本立てになっています。が、一時金だけでは住宅取得費全額はまかなえないので住宅は手放すことになります。

死亡時にもらえる額を多めにしているお宅の場合も、元々の保証は賃貸を前提に額を設定してあると思いますが、住宅購入となると賃貸よりも多めの支出を想定してローンを組んであると思うので生活費に支障が出ることが予想されます。

ようするに、注文住宅は工事中に施主の身に何か起きたら大変である、という事です。
ローンの会社に問い合わせたら「事故に充分気をつけてください」といわれました・・・。
また、「確かに保証はありませんが皆さんそこまでは気にされません」とも言われました。
空白の期間を埋めるには掛け捨ての保険などに入るしかないそうです。

もともと11年前から入っている保険がバブルが弾けた後に入った保険なので利率も悪かったですし
あまりいい保険内容でもないことに気付いていました。
そこで、まず住宅取得費をまかなえる額の他社の掛け捨て保険に入ってローン対策とし、ローン実行後に古い保険を解約することにしました。解約返戻金で繰り上げ返済も出来そうです。ローン実行後は新しい保険のみで十分な保証となります。

今はそうでもないのかもしれませんが、昔の保険の外交員の方は遺族年金の事などご存じなくて、必要補償額の話の中でこちらから話を出しても「そんなものがあるの?」みたいな反応でした。どうしても話がかみ合わなくて押し切られるように高めの保険を組まされていました。

今は時代も進み、生命保険各社のサイトでその辺も含めてかなり正確に必要補償額を計算してくれます。
理詰めで死亡ご家族にどんな性質の収入がいくらあってどんな内容の支出がいくらあるので差し引きいくらの保証が必要であるか解説してくれます。営業の方に会わずに完全匿名で計算できるので気が楽なのですが、会社により年金の計算法などが違ってえらく必要補償額に違いが出ることがあるので数社で計算したほうがいいようです。この時保険料の見積もりまで出来るので安いところを見つけることも出来ます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ←参加してます
コメント
この記事へのコメント
本当に・・・
施工中ってコワいですよね。
私は工事中の物件に何かあったら、ってそれが結構気になっていました。
あれって業者さんが保険に入ってるんでしたっけ?

ウチの猫たちもホットカーペットやエアコンの吹き出し口の真下で(ケージの上にちょうどあたるので)集合です。
アルフパパ・・・、バニラは本当にお父さんそっくりです^^;
2008/11/08(土) 07:46:31 | URL | micopon #6VebgREY[ 編集]
おはようございます。
工事中は建物については業者さんが保険に入っていることが多いですが、絶対ではないようです。契約書にその辺は書いてありますが、用語が難しくてわかりづらいですよね。

おっさんずわりをするのはアルフだけでゴンちゃんはしないんですよ。バニラちゃんはいかがですか?
2008/11/08(土) 10:57:21 | URL | ぺおぽん #DduGnaOU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック