14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花ちゃんが逝きました
2012年03月25日 (日) | 編集 |
本日、午後0時10分ごろ花ちゃんは亡くなりました。

昨夜は苦しそうに泣いたり呼吸が荒くなったりで、痙攣発作の時に使う薬が残っていたので筋肉注射をして眠らせました。
その後も呼吸状態が悪く、夜中に夫婦で話し合って、25日も状態が改善しなければ安楽死をお願いしようということになりました。

薬の効果が切れた今朝も花は意識はなく、呼吸が荒い状態で、朝一番でリディアの受診をした時に安楽死のお願いをしました。かかりつけの先生もそこまで悪ければ、とやっていただけることになり、12時に予約をしました。

その際の花の様子です。すでに苦痛は感じていないとは思いますが、これ以上頑張れというのも飼い主のわがままだと思いました。


家族全員で動物病院へ行き、午前の患者さんがすべて終わるのを待っていた所、12時10分ごろに家内の腕の中で自然に静かに息を引き取りました。
ちょど患者さんがいなくなり獣医さんが呼びに来てくださる直前でした。
家族全員揃って花の思い出を語り合っているさなかに「なんか臭いね?」「花ちゃんからぷ~って音がしたよ」「ハハハッ」とみんなが笑った直後に静かに息を引き取りました。
花ちゃんからしたら笑い事ではなかったかも知れませんが、最期までみんなを和ませてくれました。

花ちゃんは診断がつかないと諦めきれない私達のためにがんばってMRIを受けてくれ、最後は私達が傷つかないように家族全員が見守る中、安楽死をさせることなく逝ってくれたのだろうと思っています。お世話になった獣医さんにもきちんと最後の挨拶をしてくれました。

花ちゃんをお棺に入れて、花で飾ってあげました。昨日保護仲間の方から頂いたハーブの花束も入れました。
DSC04710.jpg
花より団子で、大好きだった唐芋も入れてあげました。

保護仲間のボニーさんも駆けつけてくださって、お花を頂いた上、殺風景なお棺(果物の段ボール)にペイントをして下さいました。
DSC04711.jpg

DSC04712.jpg

夕方から荼毘に付してきました。
メタボ気味で大きかった花ちゃんからは想像できないくらい小さなお骨でしたが、まだまだしっかりした骨で病気さえなかったら・・・とちょっと悔しかったです。

骨壷にお骨を入れた他に、花ちゃんそっくりなビーズ飾りのついた小瓶に牙や爪などを入れてもらいました。
DSC04713.jpg

ふくちゃんの里親さんからも素敵なお花をいただきました。
DSC04715.jpg
お花の横の卵みたいなのが花ちゃんの骨壷です。

この12日間、色々な方から応援をいただきました。花も私達も本当に感謝しています。ありがとうございました。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←最後までぺおぽん家を気遣って逝った花ちゃんに哀悼のポチをお願いします。
コメント
この記事へのコメント
花ちゃん、よく頑張ってくれましたね。「花ちゃん、頑張れ、頑張って」という度に「私、充分頑張ってるよ。頭の上で同じ事を何度も言わないでね」と言っていたかもしれませんね。
花ちゃんは、大好きな家族に辛い思いを残してはいけないと自分で旅立ったのだと私も思います。花ちゃん、抱っこされていたからさびしくなかったよね。
花ちゃん、行ってらっしゃい。そして、また大好きなぺおぽん家にいらっしゃいね。
花ちゃん、お疲れ様。少しゆっくり休んでね。
ぺおぽん家の皆様も少しゆっくりされてくださいね。
花ちゃん、ありがとう~~
2012/03/26(月) 02:58:02 | URL | ボニー #-[ 編集]
ボニーさん昨日はどうもありがとうございました。
今朝は花ちゃんがどこにもいないのが不思議な感じでした。
2012/03/26(月) 13:22:49 | URL | ぺおぽん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。