14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
ふんどし丸
2012年01月06日 (金) | 編集 |
タックは目が見えないので知らない犬や、仔猫などが急に近づくと怖がって過剰に反応してしまっていました。
そのため、繰り返し新しい保護猫や保護犬がやってくり猫の城ではやむを得ず寝室だけで暮らしてもらっていました。

しかし、最近かなり慣れてきて、知らない犬猫にも前ほど過剰反応を示さなくなったので、リビングで遊べるようになりました。

リビングで遊ばせるにあたって問題になったのがオシッコ。寝室だと100%シートに出来ますが、なれないリビングではどこにするか分かりません。

保護団体の先輩に聞いた所、マナーベルトなど、かけション防止のものをつけるべし、となりました。

検討の結果、最も簡単にできるペットーシーツでおちんちんを巻く方法にしました。
その結果がこれ。
DSC04141.jpg
カッコ悪いですが、ワイドのペットシーツを腹帯みたいに巻いて洗濯ばさみで止めてます。

これでかけション対策はバッチリで、リビングでのんびりできるようになりました。

DSC04134.jpg
外してのんびり。まわりに洗濯ばさみが散乱しているのは外したまんまだからです。
ハナちゃんは元々賢くシートで座りションなので不要です。

DSC04136.jpg
猫の御飯の残りを寝食べ。何か横着ですがよくこんなにして寝食べしてます。

DSC04138.jpg
バロンもふんどししてリビングに出してもらっています。
オシッコは場所を構わず掛けションですが、ウンチはシートにできています。意外と(?)賢いようです。

どうにも実用優先でかっこわるいですが、それなりに可愛い感じもして、「ふんどし丸1号・2号」と呼んでいます。
これだけだとシートが下にずれておちんちんの先っちょが出てしまいオシッコが漏れやすいのですが、最近ぺおぽんのピコーーーーンにより100円ショップのあるグッズを流用してずれなくなっています。

もしかして実用新案くらい取れるのかと思ってまだ非公開ですが、めんどくさくなると思うので多分近日中に公開します。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←気になる方はポチッと!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック