14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
百道浜での海辺の生き物教室
2011年05月04日 (水) | 編集 |
昨日、5月3日に百道浜で海辺の生き物教室に参加してきました。
エジソン少年理数工房経由での参加でしたが、主催は西南学院大学の山崎喜代子先生です。九大の先生も協力されていました。

集合はマリゾン。ホークスの試合とかち合ったので駐車場は満車の予想で、息子とえっちら自転車ででかけました。
DSC02126.jpg
マリゾンはおしゃれ空間。短パンに網を持ったペおぽん親子は場違いでこそこそしていました。ちなみにこの写真の右側枠外のマリンスポーツのお店のソフトクリームは、ベースのアイスにいろんなトッピングを粉々に砕いて混ぜてくれます。息子曰く「これまで食べたアイスで最高に美味しい!」とのことでした。

DSC02129.jpg
マリゾンから室見川の方に行った突き当たりで採取です。福岡タワーとか見えるこんな街中で生き物が採れるのでしょうか?

DSC02131.jpg
まずはこの岩場で採取。大潮なのでいつもより余計に引いております。緑色は今年異常繁殖気味のあおさ。

DSC02137.jpg
皆で網を持ってがさがさやりました。水はまだまだ冷たかったです。

DSC02133.jpg
採れた生き物を分別していきます。

DSC02134.jpg
なんとタコも採れました。テナガダコというそうで、美味しくないそうです(チッ)。

DSC02135.jpg
ヒトデもたくさんいました。このうち4匹はペおぽん採取です。他の生き物が採れなかったもので・・・。

他にもギンポとか2cmくらいにしかならない可愛いヒメイカとかクラゲとかエビとか色々採れました。

百道のあたりは埋立地ですが、昔は一面アマモが生えていたそうです。アマモは小魚のゆりかごとも言われる海草です。ジュゴンの餌にもなります。
埋め立てられて30年、百道の海は再生しようという人たちの努力もありアマモがまた生えてきているそうです。

教室の後半はアマモが生えているあたりを底引き網で引いての生き物観察です。
DSC02138.jpg
大学院生のお兄さんが地引網を沖から引いてきてくれます。

DSC02140.jpg
皆わくわくしながら待っています。

DSC02142.jpg
驚くほどの数の魚!ほとんどがスズキの幼魚です。さすがは魚の揺りかご。
他にもヨウジウオやハゼ、なんと鮎も入っていました。幼魚の頃は海で過ごすんですね。知りませんでした。

たくさん勉強して5時前に解散になりました。先生方、学生さん、どうもありがとうございました。

さてすっかり体も冷えてしまったところに、マリゾンでイベントが行われていました。
DSC02143.jpg
いろんな露天が出ていまして、ここであったまるまで息子と食いしん坊をして帰りました。5月5日まで行われているそうです。おすすめはペルーのお店です。ケバブサンドも美味しかったし、インカのやきとりも美味しかったです。

勉強しに行ったのか食べに行ったのか・・・?どちらも楽しかったです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←楽しかったらそれでいいのよ、とポチを!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック