14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
2008年7月12日外壁・屋根の打ち合わせ
2008年07月20日 (日) | 編集 |
設計はあらかたすみましたが、これからは細かい色あわせや住宅設備を決めていかないといけません。

本日の主な打ち合わせは外壁の色と屋根の色でした。
これまでに僕は外壁は淡い黄色がいいと思っていましたが、前回の完成見学会で嫁さんは真っ白を希望。

以前にもらった完成予想パースをスキャナで取り込み色を付けてイメージを見てみました。線画をプリントアウトして子供たちにも塗り絵をさせたりもしました。

智建ホームで家を建てる方はモデルハウスの印象が強くてほとんど白を選ぶんだそうです。確かにこれまで完成したお宅を拝見しましたが白:色つきは4:1くらいでした。

僕も色を付けるとしても極々うすい黄色やオレンジと思ってましたが、以前中古住宅を購入して外壁の色を塗り替えた時に色でかなり失敗(今思えば悪徳業者に引っかかってました)したので、イメージと異なりようのない白もいいかと考えて外壁は白に決めました。

屋根に関しては標準の屋根材はシングルのオークリッジプロで、どちらかというと北米風のイメージの屋根材のため、出来れば洋瓦にしたいと考えました。しかし、かわらは重くて耐震上問題があります。瓦状の鋼板に石材を焼き付けたローマンルーフィングが軽くてよさそうだったのですが、予算上無理でした。

ネットで白壁にオークリッジプロのデザートタンの屋根の建築例が出ていましたがそんなに悪くない印象でしたので屋根はオークリッジプロのデザートタン(明るい茶色)にしました。
こんな感じです。家の外観図
屋根は寄せ棟予定だったんですが、子供部屋の片方のロフトが狭くなるので切妻にしてもらいました。

さてこれから内部の色合わせや住宅設備の選定が待っています。色は大部分お任せにするつもりですが、住宅設備は主体的に情報を集めて決めないといけません。大変そうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック