14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
地下帝国との戦い
2010年03月05日 (金) | 編集 |
我が家の庭は野菜帝国とお花畑王国に勢力が二分されており、その間には大芝生地帯と言う緩衝帯があります。
お花畑王国に近接して雲南百薬城が屹立、その向こうにミョウガ地下帝国が形成されていますが、雲南百薬城が周りへ不可侵なので争いはありません。

しかし、お花畑王国の真の敵は意外なところに居たのです。
お花畑王国の地下はるか10cm。この世界(ぺおぽん宅)が生まれる前からこの地には地下帝国が存在していたのです!

その名は「ドクダミ地下帝国」。ミョウガのように甘くはありません。

宅地造成時に10cmの盛り土の下に沈み、滅亡したと思っていたその帝国は、地上への復讐を誓っていたのでした!

去年1年、野菜帝国神聖皇帝、お花畑王国傀儡王のぺおぽんと死闘を繰り広げた挙句、冬の訪れと共にぺおぽんの手にドクダミ臭さを残して消えた帝国が春の訪れと共に再度地上を目指して侵攻してきました。

「何じゃこら」と言いたくなるほど一斉に芽が出てきましたよ・・・orz

本日、花ちゃんと一緒に(途中脱走あり)頑張って全部抜きましたが、その深~~~~~い地下茎を全部抜けるはずも無く(何しろ10cmの盛り土のさらに下に本体がある)、ぶちっぶちっとちぎりながらの作業でした。かご2杯分位根っこを抜きました。抜き終わった後セブンに手の臭いをかがせたらマジでドン引きされました。

今日はかりそめの勝利を得られましたが、彼らは虎視眈々と地上への野心を燃やしているはずです。
通常兵器での防戦が困難となると、古の書物(某巨大掲示板園芸版)に記された化学兵器(ラウンドアップの葉への直接塗布)に踏み切らないといけないかもしれません。

いや、逆に考えるんだ。むしろ作物と考えてしまえばいい、ドクダミ茶はいいものだ。という話もありですが・・・。
去年息子と祖原公園からつれてきたミミズも順調に繁殖しているみたいなので地面に毒は回したくないんですよね。作物と考えれば勝手に生えてきてすごい収穫量にはなりますね。お茶か天ぷらくらいしか使い道は無いですが。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←ドクダミ茶、いいんじゃないと思ったらポチッと!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック