14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
2008年5月~6月ローンが通らない・・・
2008年07月20日 (日) | 編集 |
5月後半に土地の契約をしました。
その後すぐに住宅ローンの申請を開始しました。

額が大きいので金利が0.3%も違うとトータルの支払額は200万以上変わってきます。
不動産屋さんからはSBIモーゲージさんを紹介されました。フラット35のなかでも低金利の所です。

フラット35は金利が安めで保証料も不要なのですが、団体信用生命保険が別途加入のため0.3%くらい別に掛かる計算になります。

フラット35のおかげで他の金融機関も以前は扱わなかった35年超の固定金利ローン商品を扱いだしました。それらは団信込みが多く、利子や手数料などを込みにした総支払額で見るとフラット35より200万くらい安くなります。繰り上げ返済などすればこの差は縮まるとはいえ200万は大きいです。

利子が安めの大手銀行やフラット35の総支払額の比較がall about japanにあります。
http://moneylife.allabout.co.jp/01000117/
ネット専業銀行が安いんですが、土地を購入して家を建てるというやりかたに対応は難しそうなので店舗型の銀行に申し込んで見ました。

まずはみずほ信託銀行。電話で申し込んだ後、先に不動産屋さんが必要書類を提出してくれました。借り入れ予定額と収入の比からは十分通りますといわれていましたが、数日で土地の道路付けが悪く担保にならないとの返事・・・・。対応が早くてそこはよかったです。

次は新生銀行に問い合わせ。ここは店舗はあるものの富裕層が運用相談する場でぺおぽんは場違いでした。住宅ローンなどは説明するだけで実際の書類提出などは全てローンセンターと電話と郵送で行なうというものでした。これってほぼネット銀行ですね。

ここでも収入などの条件は満たしているとのことで、予備審査はあっさりパスしましたが、やはり土地が担保価値なしとして断られました。しかし、ここは追加書類も次々要求してくるし審査も長く引っ張られた挙句断ってくるし、対応は最悪でした。
安くする分マンションなどの単純で審査に知識も要求されない分野だけ扱うつもりなのでしょう。逆に新築マンション購入などでベンダーと提携している場合は金利も安く繰り上げ返済もしやすいので利用したい銀行です。

ローン申請の際に口座を作らせられましたが、コンビニでの引き落とし無料とか、他行への振込みが回数制限つきながら無料とか便利な口座で、悔しいですが今はメインバンクになっています。富裕層の投資や住宅ローンの利益で上記のサービスが出来ていると考えると良いとこ取りなのかもしれません。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック