14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
残念極まる結果
2009年05月25日 (月) | 編集 |
ブログをごらんの皆様に愛され、うちに遊びに来る子供たちに生あるものへの愛しさを教えてくれていた仔猫たちですが、昨日から急速に調子を崩し、本日未明と昼前に相次いで亡くなってしまいました。

おとといまでは少し鼻水が出るくらいで元気良かったのですが、まず元気だった茶虎の子が弱って行きました。本当に見る見る悪くなっていき未明に亡くなってしまいました。この子だけは生き延びてくれると思っていたのですが・・・。

こげ茶の子も茶虎の子ほどではないですが元気を取り戻して来ていましたが、昨日深夜から急速に弱っていきました。何が悪かったのかもよくわからず、ただただとても悲しいです。

最初に亡くなった白茶の子はあっという間で名前をつける間もありませんでしたが、この子達は10日間以上お世話して、性格も分かってきたし呼び名もつけていました。
最後に「またおいで」と声をかけました。袖触れ合うも他生の縁、といいますし、次は僕がこの子達に拾ってもらえるのかもしれません。

micopon様はじめ、気をかけていただいた皆様、本当にありがとうございました。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
コメント
この記事へのコメント
残念でした・・・
ほんとうにそれしか言いようがありません。
仔猫は急変するとあっという間に逝ってしまいますよね。
お知らせをもらったとき、昔の亡くした仔猫たちのことを思い出して胸がつまりました。
「またおいで」の言葉にきっと安心して旅立っていったことと思います。
ありがとうございました。
2009/05/25(月) 20:33:35 | URL | micopon #6VebgREY[ 編集]
これまで死産の他で仔猫が死んだのが1匹だけだったので保温と哺乳で何とかなると思っていました。つくづく母猫というのは偉大なんだなあと思っています。
2009/05/25(月) 20:55:29 | URL | ぺおぽん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック