FC2ブログ
14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
パグ美が亡くなりました・・・
2019年05月09日 (木) | 編集 |
突然のことでした。昨日パグ美が亡くなりました。
3日ほど前から咳をするので獣医さんに診てもらっていましたが、昨日の夜にご飯も食べず息苦しさがまして行ったようだったので夜間動物病院に向かいました。
病院についたあとどんどん呼吸が悪くなり、獣医さんに手を尽くしていただきましたが、残念ながら助かりませんでした。

パグ美が猫の城にきたのは去年の4月。15281972950.jpeg
子どもたちのたっての希望で迎えました。

パグらしくひょうきんな子で、抱っこが大好きでした。
15281973390.jpeg 15281973850.jpeg

15281976950.jpeg 

パグらしく暑いのは苦手みたいでした。
15307150030.jpeg 

お洋服を着せてみたりもしましたがあまり好きではないようでした。
15394233500.jpeg 15394233660.jpeg

猫の城にきたときから、あまり長い距離は歩けず、散歩には行きたがりますが200m位で歩かなくなり抱っこして帰ってきたりしていました。
股関節にレントゲンで所見があり、関節が悪いからだろうと思いこんでいました。だんだん家の中でも歩けなくなり、車椅子などを考えていたところ、今年の1月5日にけいれん発作を何度も起こしました。

15466897580.jpeg 

おくすりでなんとか痙攣は起こらなくなりましたが、MRI検査で脳炎なのがわかりました。
15478156090.jpeg 
髄液検査のため四角く後頭部を刈られました。
15478155950.jpeg

ステロイドだけでは状態が悪くなっていったため、花ちゃんのときに入手していた脳炎の治療プロトコールで治療しました。かいあって徐々に状態は良くなっていきました。

しかし、2月15日から角膜炎を起こし、24日には穿孔してしまい治療のためまぶたを縫って生活しました。
15510128850.jpeg 
おじじもこの頃亡くなっていて、一緒に通院した写真が残っています。
15517925530.jpeg 

幸い目は完治して、4月下旬にはそれまで立てなかったのがちょくちょく立てるようになりました。
15556795960.jpeg 

GW中にはしっかり立って水が飲めるようにまで回復していました。
この頃は、このまま良くなっていって、あと3年でも5年でも一緒にいられると思って大喜びしていました。

昨日の夜、息が苦しそうなパグ美を嫁さんが抱っこして、ぺおぽんの運転で都市高を夜間動物病院へ向かいました。
抱っこされたパグ美は嬉しそうで、息も少し落ち着いた感じになって、都市高からの夜景を眺めているような感じでした。
「鼻が詰まってるだけだったりしてね」「それだったら安心して帰れるね」
そんな感じで。

あまりに急に容態が悪くなり、心の準備も全くできていないお別れになってしまいました。
誤嚥による肺炎があったようですが、ここまで急な変化の原因ははっきりしませんでした。
誤嚥には気をつけて食事も一口づつ上げていましたし、免疫抑制剤も効果のあるぎりぎり最低量を狙って管理していたのですが残念です。

抱っこが大好きだったパグ美のご満悦の写真を遺影とします。
1545394995555.jpg

さようならパグ美。
食いしん坊で自己主張が強くて、かわいいかわいいうちの子。
大変な病気が次々に起きても頑張って乗り越えてきた強い子。
急なお別れで本当に辛いです。家族が立ち直れるよう見守っていてください。
いつか、また会いましょう。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック