FC2ブログ
14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
一ヶ月すんでみて―光熱費など
2009年02月05日 (木) | 編集 |
入居して一ヶ月たちました。相変わらず快適です。終了。

ではお話になりませんので光熱費のお話です。

最初に我が家の最近の暖房事情を書きますね。

福岡市に引っ越す前は広大な社宅に住んでました。炊事はプロパン、給湯は灯油ボイラー、暖房は石油ファンヒーターとエアコンと寝室のみオイルヒーター。
この社宅はもとは小さな会社の社長さんの家で、広いけど古くて朝裸足で歩くと床が冷え切っていて痛いほどでした。リビングなんかはファンヒーターの前からしばらく動けないほど冷え切ってました。寝室と猫の部屋だけは常時暖房が効いてましたけど。

福岡市で年末まで住んでいた賃貸は鉄筋3階建ての2階で、エアコン暖房でした。炊事・給湯は都市ガス。
鉄筋の家は一度暖まるとそれなりに持続性がありましたので夜間はエアコンはオフにしてタイマーで早朝からオンにしてました。が、猫小屋のほうは壁も薄くてエアコンが常時ゴウゴウいってました。

現在はほぼ蓄熱暖房のみで24時間快適です。雪が降った日などに補助的にエアコンをつけたくらいです。炊事はIH、給湯はエコキュートです。

快適度から言うと
現在の家>>鉄筋の賃貸>>古い社宅
ですね。智建ホームさんの施工は期待以上の結果でした。
人も猫もエアコンより蓄熱暖房の方が体調がいいようです。慢性副鼻腔炎の猫たちの鼻水が明らかに少ないです。

高気密高断熱の家は乾燥がひどいと聞いていたので温度・湿度計を買ってみましたが、観葉植物と水槽があるおかげか湿度は50%前後で、40%をきることはめったにありません。天気が続いて乾燥してきたら加湿器を使っています。

さて光熱費ですが・・・。先日検針結果が入っていてどきどきしながら見ましたが・・・快適になったにもかかわらず、かなり安くなりました!
古い社宅の時の約半額、鉄筋の賃貸+猫小屋の3割引くらいです。

蓄熱暖房の設定をかなり高温にしているのと洗濯・炊飯などで深夜電力を有効活用しきれていないという悪条件でこれですから、ちょっと工夫すればまだ安くなると思います。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ←参加してます
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←参加してます