14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
あずきとニョロニョロ
2017年04月11日 (火) | 編集 |
少し模様替えをして、トイレにいた蛇をリビングに持ってきました。
たまにトイレの戸が開いていたときにだけ見られた蛇を見放題なので一部の猫が喜んでいます。

            ↓一部の猫。あずきはかなり蛇に興味があるようです。


かなりかぶりつきです。蛇の方も見られているのがわかるのかたまにお見合いしています。
KIMG0994mini.jpg
手前のぶっといのはヘビ太と同じ模様の銀之丞のしっぽ。
KIMG0995mini.jpg

おまけ
銀之丞はさらに大きくなってアウトドア用ベンチが1匹でいっぱいです。
1491911557780mini.jpg

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←好奇心旺盛なあずきに「お鼻を噛まれないよう注意!」のポチを!
モナちゃんカラーチェンジ
2017年03月20日 (月) | 編集 |
先日、モナカの変化に気が付きました。
背中の毛色が茶色になってる!元々は淡いベージュから薄い灰色でした。
mini_170315_1430.jpg
おお、まるでシーズーのようです(笑)

顔や耳の方は元の灰色のままです。
mini_170315_14300001.jpg

バロンも気がついたら背中の毛色がベージュから濃い茶色になっていましたので食事や薬の影響かもしれません。
シャム猫は冬になると毛色が濃くなるのでそういったものなのかもしれませんね。

モナカは心臓がだんだん悪くなっていて、現在5種類薬を飲んでいます。肝臓のウルソと心臓のアラセプリル、フロセミド、ピモベンダン、スピロノラクトンです。少し前に咳がひどくなってスピロノラクトンを追加しましたが、かなり効果があったようで咳は殆どでなくなりました。
食事はミカンと同じ肝臓病用のフードを(塩分も一番控えめになるので)与えています。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←シーズーっぽい!と思ったらポチッと!
福太郎がフワフワに戻りつつあります
2017年01月05日 (木) | 編集 |
昨年、突然全身の皮膚がむけてしまった福太郎。
天疱瘡という難病でしたが、ステロイドと湿潤治療でかなり回復しています!

どーーん。
・・・これはダイソーにあった福太郎そっくりのクッションで衝動買してしまいました。


ホントの福太郎。
IMG_20161221_235239_637.jpg
まだまだもとの毛並みではありませんが、フワフワとした毛がすっかり生えそろいました!

ステロイドを減らしたら一部再発しかけましたのでなかなか減らせずにいます。副作用も心配ですがやむを得ません。流石にシクロスポリンは調整が難しいので使いきれません。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←福太郎に「良かったね」のポチを!

ボタンが亡くなりました
2016年12月15日 (木) | 編集 |
本日お昼過ぎにボタンが亡くなりました。14歳でした。

ボタンは2002年4月に「性格がきついからちょっと預かって」と言われてお預かりして、それっきりお迎えがこなかった子です。
スコティッシュホールドロングヘアーの立ち耳という、なんとも説明しづらい種類の子でした。


鹿児島から大牟田への引っ越しにもついてきました。
SANY0004_2016121600330934c.jpg
この後一旦貰われていったのですが、里親さんが海外赴任することになり戻ってきました。
2~3年とのことでしたが、その後連絡はいただけませんでした。

大牟田から福岡への急な転居のときは、山の麓のユニットハウスで頑張って1年過ごしました、
SANY0020.jpg

猫の城完成後の一コマ。
DSC_1332.jpg

花ちゃんを始め犬ともうまくお付き合いしていました。
DSC01116.jpg

ぺおぽんの書斎に遊びに来たり。
DSC06179_20161216003442ce6.jpg

かごっぽいところが大好きでした。
DSC01715_201612160034407c2.jpg
DSC07084_201612160034441cf.jpg
DSC07576.jpg

今年になってだいぶ痩せた感じになっていましたが、まだまだ元気で長生きしてくれると思っていました。
DSC09046_2016121600344664b.jpg

ご飯の食べ方が少ないなと思っていたらあっという間に弱ってなくなってしまいました…。
チェリーのときと同じ感じです。でもボタンのほうが弱るのが早くて戸惑いました。

お花を飾ってお明日お葬式です。
KIMG0865.jpg

さようなら、ボタン。
ひょんなことからうちの子になって、色々苦労をかけてごめんね。
性格がきついなんてことは全くなくて、誰もいじめなかった優しいボタン。
またいつか、会いましょう。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
元気が手術を受けました
2016年11月23日 (水) | 編集 |
げんちゃんは元々目がかなり悪かったのですが、秋の初め頃から左目が赤く大きくなってきて、バロンの受診のときに眼科専門の獣医さんに連れて行ったら緑内障と診断されてしまいました。

その後眼圧を下げる結構お高い目薬2種類をつけていましたが、残念ながら眼圧は高くなる一方でした。
最近は頭痛がするのか食欲も落ち気味で、手術したほうが良いということになりました。

左目が大きくなって赤くなっています。これでも充血は減った状態です。

昨日、手術を受けてきました。
KIMG0829.jpg
術前検査で膀胱に石が見つかったり心雑音がひどかったりといろいろありましたが、無事手術が終わり、本日退院してきました。

KIMG0841.jpg
ドライアイも合併していて眼球温存すべきか微妙な状態でしたので、今後のことも考えて全摘にしてもらいました。まぶたがくっつくように処置してありますので、今後はずっとウィンク状態です。

KIMG0842.jpg
しばらくカラーをつけて生活です。

高齢で心臓も悪いので心配でしたが、無事に手術が終わってほっとしています。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←頑張ったげんちゃんに応援のポチを!
バロンとお別れしました。
2016年11月14日 (月) | 編集 |
本日バロンとお別れしました。
昨日は泊りがけの仕事だったぺおぽんは朝自宅に立ち寄ってバロンに会いました。

午前中に嫁さんがきれいに支度して、お昼休みにお別れをしました。

顔のそばに大好きだったおもちゃを入れてあげました。
毛がつやつやしていて、今にも起き上がりそうでした。

バロンの名前の由来は、名付けの記事にもあったとおりペリーヌ物語のバロンです。
お別れにこの曲をバロンに贈りたいと思います。


さようなら、かわいいかわいいバロン。
猫の城に来てくれてありがとう。癌になったのに3年も頑張ってくれて本当にありがとう。
犬が飼い主に似るのか飼い主が犬に似るのか、ぺおぽんにそっくりだったバロン。
またいつか、かならず会いましょう。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ
バロンが亡くなりました
2016年11月13日 (日) | 編集 |
今日の夕方5時頃にバロンが息を引き取りました。
昨日の夜はだるそうにしていましたがトイレも自分で行っていましたが、今朝から目に見えて弱っていきました。
苦しそうな時間は短くて、静かな最期でした。

バロンが猫の城にやってきたのは2011年12月13日。
DSC03955.jpg
ガリガリに痩せて4.5kgしかありませんでした。すごく緊張していて、一晩立ったまま過ごしていました。

次の日に抱っこしてあげたら大喜び。どんどんひょうきんになっていきました。
DSC03984.jpg

トイレのしつけがなかなかうまく行かなくてこんな格好をしていたことも。
DSC04151.jpg

里親さんを探しながら1年経過。ふわふわでゴージャスになりました。トイレも上手になりました。
DSC05366.jpg

トライアルにいったこともありましたがうまく行かず、譲渡会でも人見知りしてしまうのでなかなかご縁がつながりませんでした。
そうこうしているうちに可愛くて離れがたくなり、2013年4月に正式にうちの子になりました。
DSC06837.jpg

ほかの保護犬とも仲良く過ごしていました。
mini_130721_2214.jpg

家族になった2013年末からおしっこに血がまじるようになり、2014年6月に手術を受けました。
mini_140611_0721.jpg
結果は癌で、早ければ余名半年と言われました…。

ここからがバロンのすごいところで、一年たっても再発せずに、ほぼ治癒したかに思われました。
DSC09027.jpg
手術して1年目の頃です。

残念ながら1年半目の健診で再発が見つかりました。去年の12月のことです。
抗がん剤も限界まで使っていたので、そのまま経過を見るしかありませんでした。
それでもバロンはすごくて、それから1年近く元気に過ごしてくれました。

しかし、癌は体に影響を与えていて、今年の春にはすぐに治るような目の傷が悪化して手術、長くカラーを付けていました。
mini_160422_19020003.jpg
手術後の経過も長引いて心配しましたが、1ヶ月以上かかってやっと治りました。
カラーが外れたときの嬉しそうなバロンです。
1463401744806.jpg

その後は時々血尿が出るほかは調子良く過ごしていましたが、10月はじめから食欲が落ちてきて、11月からは殆ど食べなくなりました。
体に蓄えがいっぱいあったのでかなり長く頑張ってくれました。ちょうど、猫の城にきたときと同じ体重になって亡くなりました。
だるそうにしていましたが、ギリギリまで痛そうではなかったのが救いです。

昨夜のミカンとのツーショット。保護時期が近くて、ずっと一緒に暮らしてきました。

応援してくださった皆様にもバロンにかわりましてお礼申し上げます。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ