14匹の猫と暮らす家、完成しました!引き続いて引越した後のドタバタもご覧下さい。
三井グリーンランドにて
2010年11月30日 (火) | 編集 |
11月28日に荒尾市の三井グリーンランドに行ってきました。
ちょっと寒かったですが楽しい1日でした。

色々なアトラクションはもちろん楽しくて、この日の目玉はボリショイサーカスの犬と猫のサーカスだったのですが、肖像権の関係で今回は「ワンちゃんとゆかいな動物広場」のご紹介です。

グリーンランドのちょうどど真ん中。他のアトラクションと離れている谷間のような場所にあります。
これまで動物好きの我が家にもかかわらず、他のアトラクションで疲れきった頃に横を通るのみでスルーしてきました。

今回ぺおぽんの強いプッシュでのぞきに行きましたが、とても楽しい所でした。

おすすめ①
こなれたお年寄りのワンコが沢山居ます。
もしかして潰れたとなりのわんわん王国のワンコを引き取ったのかな?
DSC01532.jpg
この日は寒くて夕方になるにつれワンコたちがひとかたまりになっていきました。
若いワンコは平気で園内を闊歩してました。

おすすめ②
モルモット、しかもぺおぽんが大好きな巻き毛モルモットがわんさか居ます。抱っこできます。
DSC01522.jpg
息子は10分以上抱っこしてました。

おすすめ③
ミニブタが2頭居ます。懐っこいです。
DSC01514.jpg

なんだかんだで相当長い時間居ました。
フリーパスOK、チケットでもわずか2枚でOKのこの施設。おすすめです。ウサギや山羊や羊もいますよ。
餌やりも可能です。

それなりにしか人のこないコーナーですが、動物好きな皆さんは是非お立ち寄りください。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へにほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ←グリーンランドの新たな魅力に目覚めた方はポチっと!
道路が舗装されました
2009年06月26日 (金) | 編集 |
うちの前の道路は砂利道でした。
雨が降ってもそんなに水が溜まったりもしなかったのですが、不心得な犬の飼い主がウンPを毎朝放置して行ったりと問題もありました。

協定道路と言う特殊な道路のため、「そのうち地権者で話し合って舗装できたら良いな」などと考えていましたが、思った以上に早くその機会が巡ってきました。
ブログのタイトルを変更するさいに「路地」が「砂利道」の奥か迷いましたが、砂利道にしていたらもうタイトル変更しないといけないところでした。

SANY1189.jpg
側溝までできてすごくよくなりました。

この土地に関しては購入を迷ったりもしましたが、ご近所も良い方々ですし道路も住んで半年できれいになって、とてもめぐり合わせが良かったと思っています。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ←参加してます
土地の決済済みました!
2008年08月04日 (月) | 編集 |
本日無事土地の決済が済みました。不動産の売買は今回で3回目ですが、動くお金が大きいので緊張します。実際はここに至るまでの過程の方が重要なんですけどね。
決済の後土地を見に行きましたが、「やっとここまで」と感慨深かったです。

今月はどうしても家関係で休日がつぶれて家族の時間が取りにくいので、決済後は嫁さんとランチ、午後から下の子供と嫁さんと買い物に出かけ、夕方からみんなでマリンワールドの「夜の水族館」へ出かけました。

夜の水族館は21時30分まで開館です。19時についた後上手い具合にウミホタルのイベント、アクアライブショーと見られました。その後屋外のアザラシの赤ちゃんを見ていたらホテル側から花火が上がり始めました!ほんの10分ほどでしたがとっても得した気分です。

イルカショーもすいていて涼しくて快適でした。夜の水族館はお勧めです。
明日は土地決済ですが・・・
2008年08月03日 (日) | 編集 |
地鎮祭はもうすんだのですが、じつはあの土地はまだ僕のものではないのです。
ローンの承認が予定より遅れて8月4日決済になってしまったのです。

明日10時から銀行で決済予定ですが、今日は当直なのでした・・・。地鎮祭前日も当直でした。当日の休日願いは出してましたが前日の当直回避をうっかり希望を出すのを忘れてたんですね。あわただしいですが仕方ありません。

決済前に売主さんの許可を得てまで地鎮祭をやったのは早く着工したい気持ちが強かったからなのです。以前に「少しでも早く着工できるように地鎮祭を早くしましょう」といわれたものですから。
ところが当日社長さんと話しているとまだ建築確認がおりていないとの事・・・。どうも提出がこちらが思っていたより遅かったようです。8月末着工になるでしょうとのことでした。
前々から今年中に入居したいと希望していたんですが、なんとなく難しそうな予感・・・。年末は法務局がすごく込むので登記にも時間がかかるとも聞いています。税金の控除がなくなるとちょっときついです。

智建さんは営業という職種を置いていないので、こちらと会社との窓口となる人がいないんですよね。設計やコーディネーターや工務の方とそれぞればらばらに話をする形になるので、細かいところや他分野にまたがるところがあいまいになりやすいんですよね。全体の計画を統括する人がいないせいか予定を変更せざるを得ない事態が発生してもなかなかこちらへ伝わってこない印象もあります。このへんが打ち合わせですごく疲れる要因なのでしょう。

明日大きな買い物が確定するのでややマリッジブルー入った文章になりました。明日は必要な物を忘れてあわてないように気をつけたいと思います。
2008年7月15日地盤調査
2008年07月15日 (火) | 編集 |
土地の決済はまだなんですが、ローンの承認が出たので早めに地盤調査をしたいと智建さんに言われました。ローンで足踏みが長かったので着工が遅れているからです。

不動産屋さんに相談して、売主さんの許可を頂き本日行なわれました。
地盤調査はスウェーデン式サウンディングという方法で、建物の四隅と中心を調べるとのことです。

知り合いで地盤改良に100万くらい掛かったという人がいるので結果が出るまでドキドキです。
2008年4月協定道路
2008年07月14日 (月) | 編集 |
購入を検討した土地は70坪弱の平坦な整形地です。北面道路で北側にマンションがあるものの、南側は2階建ての住宅でその南側は道路を挟んで学校で、今後高い建物が建つ可能性はほとんどなさそうです。

場所的な相場より3割くらい安く出ておりお買い得に感じられました。

しかし、不動産に掘り出し物なし。道路に問題がありました。
この登記簿を見ると付近の住宅と合わせて昭和30年代に宅地造成され売りに出されたようなのですが、道路幅が3.6mしかないんです。しかも隅切りもしてありません。

この道路は土地の権利を短冊状に接している数件の家で持ち合っている道路で、厳密には道路の条件を満たしていない「通路」ということになるようです。私道とも認められません。道路に接していない土地には家は建てられません。昔は条件がゆるかったようです。

建築基準法か何かの施行前の昭和20年代から存在が確認されれば公道扱いしてもらえるのですが、当時の航空写真では確認できないとのことでアウト。

あとは、接している全ての土地の所有者が、今後際建築の際にはセットバックして4m幅を確保する、お互いに通行権を認める、などという協定を結び、協定道路届出書に全員が実印を押して市に提出すれば協定道路という私道として扱われ建築が認められます。ただし、住居に限るそうです。

この協定道路届出書は不動産屋さんがすでに各家を回って印鑑を貰って提出してありました。このとき市のモデル届出書を使ってあったのですが、その内容は今後のトラブルを避けるためにははなはだ心もとない内容でした。

通行権は認めることになっていますし、再建築の際のセットバックも記載されていますが、インフラ整備のための掘削権や今後の補修に関する記載がありません。そのような際は各人が話し合って行なうとしか書いてないんです。

ネットで調べるとトラブルになった事例も見かけかなり悩みました。
市に寄贈して公道にしてもらう方法もあるのですが、行き止まりの通路はひきとってもらえないとの事でした。

まあ、お互いその道路を通らないと生活できないため極端なトラブル(道路の自分の持分に塀を立てるなど)は起こらないだろう、と楽観的に考えて購入を決めました。

しかし、この協定道路が後々響いてくるのでした・・・。
2008年4月土地を買った時の失敗
2008年07月14日 (月) | 編集 |
いい話がぽしゃった後範囲を広げて物件を探したのですが、このとき失敗したのは土地探しに協力してもらっていた不動産屋さんを通さずに直接ネット上の仲介業者に電話してしまったことです。正確な場所を聞いて直接見に行こうという軽い気持ちからでした。

その結果お世話になっていた不動産屋さんが取引にかかわれなくなってしまったのです。慣習でそうなっているそうです。全然知りませんでした(泣)。

売主側の不動産屋さんは基本的に売主の味方ですので土地の悪い点なんかはぼかそうとします。仲介手数料は売主・買主共に同額払うにもかかわらずです。こちらは素人ですので太刀打ちできません。その点こちら側も信頼できる不動産屋さんを通して交渉すれば安心です。この場合は売主の手数料は売主側の業者、買主側の手数料は買主側の業者が受け取る事になります。

申し訳なくてがっかりしておりましたら、物件を仲介する不動産屋さんについては「評判はいいところですよ」とアドバイスをしていただいた上で「また何かありましたら声をかけてください」と快く言っていただけたので救われました。